2009年09月08日

イタリア旅行記 ピサの斜塔に登る

イタリア共和国 Repubblica Italiana  【Italian Republic

イタリア旅行記 ピサの斜塔に登る


2009年8月8日(3日目)


1.ピサ(Pisa)


イタリア共和国トスカーナ州ピサ県の県都。ピサーノ山がある。


ピサに到着

090808_161955_400x300.jpg
朝早く観光客も少ない


ここでは、このポーズが定番だ

090808_163805_400x300.jpg

母さん力持ち このポーズに凝った 飽きたかもしれないが次


その2

090808_163653_400x300.jpg

その3

090808_164125_400x300.jpg

なかなか上手く撮れない、私がシャッターを押したのはポイントが外れていて家族からブーイングの嵐


ピサの斜塔に登る

高さは地上55m、重量は14,453t、

090808_172149_400x300.jpg

細い螺旋階段を297段上る。階段は傾いているため、一方が削れて歩きにくい。


090808_172001_400x300.jpg

このような所が3ヶ所有足がすくみます


090808_171115_400x300.jpg

やっと屋上に着きました。


090808_171202_400x300.jpg

下を見るとこんな感じ


090808_172001_400x300.jpg

一番傾いているところを覗く時はへっぴり腰



090808_171641_400x300.jpg

真下を見ると高い

ガリレオが実験した場所かも ・・・・


ガリレオの実験

 ガリレオは重い鉄の玉と軽い鉄の玉を用意し高い位置から真下に落とした場合、同じ時間で落ちることを証明したといわれています。アリストテレスは、重い石は軽い石よりも速く落下すると考えていました。この考えは2000年間信じられてきましたが、ガリレオが否定したわけです。でもここで実験をしたかどうかはわかりません。

ガリレオは当時、近くのピサ大学で数学を教えていたとのことです。(1589年)そのためこのような逸話が生まれたとのこと。

 ガリレオは、ニコラウス・コペルニクス、ヨハネス・ケプラーらの地動説(太陽の周りを地球が回っている)を支持、そのため天動説を支持していたキリスト教から迫害を受けた。当時地動説を唱えるものはすべて異端とされ宗教裁判にかけられた。 1965年にローマ教皇パウロ6世が裁判の見直しを始め、1992年、ローマ教皇ヨハネ・パウロ2世は、ガリレオ裁判が誤りでることを認め、ガリレオに謝罪した。ガリレオの死去から実に350年後のことである。 wikiより抜粋


屋上の眺めはまた格別

090808_171550_400x300.jpg


ピサの斜塔の影

090808_171644_400x300.jpg


実は我々4人の影が写っている




動画で臨場感をお楽しみください




傾いているため、階段の片方がすり減っています。屋上の景色のよさと、下が見えるところの恐怖等雰囲気が伝わったでしょうか


屋上の柱も傾いている

090808_170338_400x300.jpg


屋上には金が設置してある。

090808_172217_400x300.jpg


ピサの斜塔への出入り口 降りてきたところ

090808_172217_400x300.jpg

ここは予約がないと入れない10人で20分の時間が与えられる。


時間がたちピサの斜塔も混雑してきた

090808_175532_400x300.jpg

この中庭は立ち入り禁止ださうだが、皆が入っている


バスでフィレンツェへ移動


Commentに感想もよろしく


つづく 2009/9/7日以降に 記事を書きます


ホームページもご覧ください


つづく 


 


ニックネーム ララのパパ at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする