2010年01月20日

青の洞窟

イタリア共和国 Repubblica Italiana  【Italian Republic】
イタリア旅行記  青の洞窟  観光
2009年8月10日(5日目)


私は今回の旅行でここが一番のお気に入りです

動画で青の洞窟 をご覧ください


56 青の洞窟へ向かう
56.jpg


57 青の洞窟に入った
57.jpg

58 青の洞窟は凄かった
58.jpg

59 カプリ島に別れを告げ
59.jpg


ブログへ
つづく 


ニックネーム ララのパパ at 20:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月19日

カプリ島

イタリア共和国 Repubblica Italiana  【Italian Republic】
イタリア旅行記  カプリ島  観光
2009年8月10日(5日目)

51 カプリ島 向かう
51.jpg

52 ボンゴレスパゲティ
52.jpg

53 カプリ島頂上
53.jpg

54 カプリ島
54.jpg

55 カプリ島
55.jpg

つづく 


ニックネーム ララのパパ at 20:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ローマ 観光

イタリア共和国 Repubblica Italiana  【Italian Republic】
イタリア旅行記 ローマ 観光
2009年8月9日(4日目)

46 ローマ三越
46.jpg
47 トレビの泉1
47.jpg

48 スペイン広場
48.jpg

49 ボボロ広場
49.jpg

50 カンツォーネ
50.jpg

ブログへ

ニックネーム ララのパパ at 20:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月18日

オルビエート散策

08:00出発 フィレンツェからバスで約2時間(166km)
「オルビエートに到着」、平野にぽっこりと盛り上がった丘にある城砦都市、オルビエートです。ov2.jpg
外から眺めるとまるで雲の上にぽっかりと浮いた『天空の城』に見間違うほどの絶景です。

ov1.jpg
オルヴィエートはブドウ畑とオリーブ園の緑に囲まれた、『世界一美しい丘上都市』とよばれています。オルヴィエートの町は凝灰岩の上にそびえ立つとても特徴的な景観をもっていて、その崖の中央には大きな美しい大聖堂がそびえ立っています。古代エトルリア時代から栄えて、かつて教皇の隠れ家として使用され、中世の面影の残る素敵な街です。高くそびえ立つ岸壁(rupe ルーペ)は、何世紀にもわたってこの町を周囲の世界から切り離し、城壁に囲まれた安全な町で人々を守ってきました。http://www.amoitalia.com/orvieto/index.htmlより抜粋


丘の上にはモノレールで上る。バスに乗り換えて中央のドームへ向かう。

090809_171239_400x300.jpg




バスを降りると目の前がドームでした


090809_172148_400x300.jpg




鐘楼から眺めた丘の上の「オルビエート」の町並み

090809_173325_400x300.jpg





090809_174423_400x300.jpg090809_174441_400x300.jpg090809_174547_400x300.jpg090809_174822_400x300.jpg

この土産屋さんで陶器の器を買う
090809_181058_400x300.jpg
touki.jpg

帰りもモノレールで急こう配を下りました。




 


次はローマに向かいます。


ブログへ


つづく 



ニックネーム ララのパパ at 23:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月06日

イタリア旅行 フィレンツェ

イタリア共和国 Repubblica Italiana  【Italian Republic

イタリア旅行記 フィレンツェ市内観光


2009年8月8日(3日目午後)


1.フィレンツェ


四人ミラノ

フィレンツェは屋根瓦が落ち着いた赤色で、壁が白色、またはベージュ色の煉瓦造りでとっても町並みが気連委ところです。


古代ローマ時代、花の女神フローラの町としてフロレンティア(Florentia)と名付けたフィレンツェのことを英語ではフローレンスと呼ぶ               花の聖母寺ドゥオモ



サン・ジョヴァンニ洗礼堂

ドゥオーモの対面にある「サン・ジョヴァンニ洗礼堂」青銅の扉に描かれた金のレリーフ、本物はどこかの美術館だそうだ。偽物でも金は金、高そう





高い塔を有する建物がヴェッキオ宮殿(現在は市庁舎)



シニョリーア広場(Piazza della Signoria)



シニョリーア広場にある「メドゥーサの首を持つペルセウス」。 メドゥーサの首を掲げている。足元にはメドゥーサの首下が転がっている。ギリシャ神話ですが、私が高校の時に模写した絵を思い出します。


ペルセウスといえは高校時代に模写をしました。私は新古典派ではドミニク・アングルが好きだったので「アンドロメダを救うペルセウス」を模写しました。
イタリアに来て本物の絵を見ると私が高校時代に描いた絵はなんとチャチなのか痛感しました。

アンドロメダを救うペルセウス【ルーブル美術館蔵


ルーブル行って本物を見ましたが、私は絵が下手なのでかなりショックでした




メディチ・リッカルディ宮



ミケロッツィがコジモ・デ・メディチの依頼によって立てたメディチ家の居住です。




フィレンツェで美味しくて有名なジェラード屋さん



ここのジェラードは本当に美味しかった。


ウフィッツィ美術館

この美術館を楽しみにしていました。
近代式の美術館としてヨーロッパ最古のものの1つである。またイタリア国内の美術館としては収蔵品の質、量ともに最大のものである。

ウフィッツィ美術館公式ページ



ここへ行く前にNHKの日曜美術館で『受胎告知』についての特集番組を見た。番組の中で
マリアの右腕が長いのは「この絵が部屋の配置にあわせて右下から眺めるようにデザインされた」という説です。現地でゆっくり見て納得しましたる。でも当地のガイドさに訪ねると、そのようなことは知らないといっていました。ただお弟子さんとレオナルド・ダ・ヴィンチが一緒に制作したのは事実のようである。修復され色も綺麗で驚きましたる私が見たダビンチの絵の中ではもっとも鮮やかでした。

修復前と比べてみると差は歴然です。

ここは撮影禁止だったのでお土産として「美術館ガイド」を買いました。





ヴェッキオ橋



フィレンツェを流れるアルノ川で最も古い橋1354年、1階は昔は肉屋だったが、2階和を通るメディチ家の人がくさいのをいやがり、金銀細工店に変


ウフィッツィ美術館の横


ただいま 編集中 未完成


ブログへ



つづく 


 


ニックネーム ララのパパ at 23:36| Comment(3) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月31日

イタリア旅行記 待望のベネチア市内観光

イタリア旅行記 待望のベネチア市内観光

2009年8月7日(2日目)

るんるん
1.水の都 ヴェネツィア(Comune di Venezia)
るんるん
中世にはヴェネツィア共和国の首都として盛えた都市で、「アドリア海の女王」「水の都」「アドリア海の真珠」などの別名をもつ。Hello

四葉船に乗って運が中心のベニスに向かう
090807_144920_400x300.jpg
090807_145251_400x300.jpg

四葉見渡す風景は小島に立つ立派な建物群とても優美だ
090807_150916_400x300.jpg

牡牛座波が穏やかで゜天気も最高である。船を下りると、水面と陸の差がほとんどない。津波などは大丈夫かと心配した。日本に戻ってグーグルアースでベネチアを確認して初めてその理由がわかった。Good
venezia.jpg
GoogleEarth V5より
湾に囲まれている。初めて知った。Clap

四葉ベニスに到着
090807_152440_400x300.jpg
後ろに名物のゴンドラがズラリ
venezia2.jpg
venezia3.jpg
グーグルアースでもゴンドラが写っています
GoogleEarth V5より

四葉ゴンドラと小舟が行き交う運河
090807_170017_400x300.jpg

四葉サンマルコ寺院 見学

1090年代に建設された聖堂は十字形平面で、中央部に円蓋を持つ、ビザンティン建築である。建物内は、黄金に煌く壁や天井と、祭壇には2,000個もの眩い宝石が埋め込まれた黄金の衝立がある。
DSC00090.JPG

ぴかぴか(新しい)黄金だぴかぴか(新しい)
DSC00097.JPGDSC00098.JPG
天井はタイルにはめ込まれた金でギラギラぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)

ハートたち(複数ハート)そしてお待ちかねのゴンドラ遊覧ハートたち(複数ハート)
090807_181047_400x300.jpg

四葉動画でも雰囲気をご覧ください

090807_175815_400x300.jpg
6人のりでした。後ろの特等席は新婚さんに仲良く座ってもらいました。
新婚さんお幸せに(我が家は結婚25周年記念だぞ)キスマーク

サンマルコ広場の鐘楼に登った
ここの360度 景色は絶句
DSC00088.JPG

四葉では東西南北をご覧ください目
090807_201642_400x300.jpg
090807_201906_400x300.jpg
090807_202331_400x300.jpg
090807_202451_400x300.jpg

リアルト橋で昼食後

思い出に残る回廊
090807_152830_400x300.jpg
天井のハーモニーが凄い

ここのトイレでジプシーに騙された

バスでフィレンツェへ移動

一緒に行った新婚さん見ていたら Commentに感想書いてね

つづく 2009/9/7日以降に 記事を書きます

ホームページへ
ニックネーム ララのパパ at 20:37| Comment(4) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月28日

イタリア旅行記 初日 ミラノ観光(午前)

2009/8/6


四葉イタリア 初日 成田から12時間かけてやっとイタリアに到着四葉
車(RV)松本朝6時出発 20時間かかりました。 移動に約1日、やはりイタリアは遠い飛行機
ナウ ホテル マルペンサ UNA HOTEL MALPENSA

hotel-1.jpghotel-1.jpg
車(セダン)19時に到着しました。そばにショッピングモールがあると聞き出かけましたが、夜7時なのですべて閉店していました。残念、バール【バー&茶店】で水を買いました。家

8月6日 7時起床 朝食を済ませ

ミラノ観光に出発です

exclamationミラノ(Milano)は、ミラノ県の県都およびロンバルディア州の州都である。ミラノは北海道とほぼ同緯度であるが真冬の平均気温がおよそ5℃程度と、比較的温暖。イタリア全土では第2位の大都市、人口130万人。歴史は紀元前600年ケルト人....細かくは href="http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9F%E3%83%A9%E3%83%8E">ウィキペディアWikipediaで確認してよね。手(パー)
mirano.jpg

四葉はじめての 観光地 スフォルツェスコ城到着
バス
四葉スフォルツェスコ城またはスフォルツァ城(Italiano:Castello Sforzesco)は、現在は美術館としても公開されている。 1450年にミラノ公爵フランチェスコ・スフォルツァがヴィスコンティ家の居城を改築して現在の姿となった。内部にはミケランジェロの最後の作品「ロンダニーニのピエタ」などが展示されている。ぴかぴか(新しい)
090806_153438_400x300.jpg
四葉1450年にミラノ公爵フランチェスコ・スフォルツァがヴィスコンティ家の居城を改築して今に至る。ここがミラノの中心らしい。入り口の看板


中心

google

グーグルマップより


お気に入り 3カ所ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)


ぴかぴか(新しい)1. 大砲の弾がただの丸い石   左上は猫が寝ていたぴかぴか(新しい)

たま

ねこ


ぴかぴか(新しい)2.きれいな中庭ぴかぴか(新しい)

なかにわ


ぴかぴか(新しい)3.音響が素晴らし庭ぴかぴか(新しい)


音響

パーン パーン−−>パンパン オペラ用らしい(カンツォーネどっち)るんるん


アーケードみたいな「エマヌエレ2世ガレリア」へ向かう


ヴィットーリオ・エマヌエーレ2世のガッレリア(イタリア語: Galleria Vittorio Emanuele II)は、2つのアーケード(8角形の建物に2つのアーケードが交差する)に覆われ、ミラノドゥオーモ広場の北に位置し、ミラノスカラ広場へ通じている。イタリア王国の初代国王ヴィットーリオ・エマヌエーレ2世にちなんで名づけられたこの場所は、最初に1861年にデザインされ、イタリアの建築家ジュゼッペ作




アーケード

エマヌエレ2世ガレリア(アーケード)


お気に入り 2カ所ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)


ぴかぴか(新しい)1.牛の急所ぴかぴか(新しい)


みんなここで一回転するため「かかと」でタイルが削れた、回転すると金持ちになれる...やるしかない¥¥¥


回転


急所

たまたま注目




ぴかぴか(新しい)2.ミラノで一番高級な賃貸物件(何とかというキスマーク女優がすむ)ぴかぴか(新しい)


オペラ座(スカラ座)
イタリアオペラ界の最高峰とされる
opera.jpg
この写真が45度傾いている理由は添乗員さんがイタリアには似た建物ばっかりで後で何の写真家わからなくなりますから、この写真は右45度傾けて撮っておくとのことオペラ座だったし確認してくださいといってシャッターを切ったため

昼食は名物リゾットとミラノ風カツレツでした


ミラノ 午前観光終了




一緒に行った新婚さん見ていたら Commentに感想書いてね


ホームページもみてください

ミラノ午後 つづきは9月7日 以降に書きます

ニックネーム ララのパパ at 10:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月21日

イタリア旅行の食事とホテル

飛行機このツアーは格安なので食事は期待できないかもと思っていましたがイタリア料理は結構美味しくて満足しました。Good
格安といっても一番高い時期だったので、値段で料理が異なるかなと思いましたが、聞いてみると安いときも高いときも同じとのことです。でも安い20万の時と高い35万の時では高いときの方が料理を良くして欲しい...グッド(上向き矢印)
行くならば20万の時にしましょう。パンチ

四葉今回は イタリア での食事四葉

8月5日
13:40:成田(JL417便)日本航空直行便
朝食
mesi-1.jpg
私は和食を食べましたが写っているは洋食です。味は普通
mesi-2.jpg
夕食
mesi-3.jpg
夕食も味は普通でも量は少し多かった。
飛行袖に12時間揺られて やっとこ イタリア ミラノに到着しました。イタリア時間で19:05 ホテルに移動
ナウ ホテル マルペンサ UNA HOTEL MALPENSA
via turati 84 20023 erro maggiore lombaardy ,italy
03-315-3111 サマータイムなので7時でも明るい
hotel-1.jpg
ホテルの隣が大ショッピングモールということで早速、水を買いに出かけました。ところが7時で閉店ほとんどの店が閉まっていました。開いているのはバール【喫茶店+酒】のみ結局ここで水を買いました。
店の中で、クーラーボックスの中の水を取り出そうとすると、息子曰く日本と違って許可なく商品には触れるなとのこと...息子は先月フランス留学から帰ってきたばかりなので信憑性大..
どおすりゃいいのよ 手振りで水を買いました。

mesi-3.jpg
ナウ ホテル マルペンサ の朝食
mesi-3.jpg
イタリアの朝食は菓子パンが中心【前回2000年に来たときももそうだった】
まさに甘いものが多かった。

ミラノでの昼食は名物リゾットとミラノ風カツレツ
mesi-6.jpg
このリゾットは見た目最高、味よし

mesi-7.jpg
mesi-8.jpg
カツレツは日本の方がよいかも 塩味でソースなし

mesi-9.jpg
デザートのケーキはあまり美味しくない

18:30:ベネチア/ホテル着
アントニー【メストレ】 ホテル ANTONYホテル
v.orlanda 182,30030 MESTRE-CAMPALTO (VE),ITALY
041-542-0022
090807_142551_400x300.jpg

夕食は魚料理 前菜がスパゲティー?
mesi-10.jpg
何の魚か味ではわからない ニジマス?
mesi-11.jpg
mesi-12.jpg
mesi-13.jpg
mesi-14.jpg
メストレ ホテル の朝食撮影を忘れました

水の都市ベネチアに移動【詳しくは次回】
mesi-19.jpg

添乗員さんとリアルト橋元のテラスでイカスミスパゲティーを食べました。 景色も最高で・美味しかったですよ
mesi-15.jpg
mesi-16.jpg
mesi-17.jpg
リアルト橋で記念撮影
mesi-18.jpg

夕方 FIRSTホテル
V.DINO CIOLLI 5,50041,CALENZANO ITALY
055-88-724
hotel-2.jpg

ホテル で 夕食 肉料理
mesi-20.jpg
mesi-21.jpg
mesi-22.jpg
やはり パスタが前菜 肉は豚 マッシュポテトがやや多め もたれた
味は普通

FIRSTホテルの朝食 写真なし

ピサに移動
pisa1.jpg

昼食 名物 キノコパスタとメインディッシュ 
mesi-23.jpg
mesi-24.jpg
mesi-25.jpg
mesi-26.jpg
パスタはともかく主菜は美味しかった デザートもグーでした

夕食
トスカーナ名物ビステッカ・フィオレンティーナ(フィレンツェ風ステーキ)
リブ付きの牛ステーキだったのですが写真を撮るのを完全に忘れていました
。「がっついて食べてしまった」残念犬(泣)
ということはとっても美味しかったのです。ハートたち(複数ハート)

ローマに到着
roma1m.jpg

夕食はカンツォーネを聴きながらリッチな気分で過ごしました。
canz-m.jpg
mesi-30.jpg
mesi-31.jpg
後ろの体格のよい人がカンツォーネ (Canzone) を歌っている
mesi-32.jpg
mesi-34.jpg
見るのが一生懸命で写真を撮るのを忘れ 食べチラカシです ごめん
mesi-33.jpg
カンツォーネはやはり有名なフニクリ・フニクラ、オー・ソーレ・ミオ
サンタ・ルチア などでした。
動画 を見てください

フォークとナイフ苦手なので素手で頂きました。【かなり恥ずかしい行為】
Aグレードホテルに2連泊です NH JOLLY VILLA CARPEGNA ホテル
V.PIO IV 6,00165,ROMA ,ITALYA
06-39-3731
mesi-40m.jpg

昼食はピッツザの食べ放題
前回ナポリに行ったとき食べたマルガリータが忘れられなかったのですが、今回のピッツザもマルガリータでした。大変大きく味もグーなのですが失恋
「おかわり」ができません。かみさんに中国旅行でお腹を壊したことを指摘されれていました。Bad
mesi-27.jpg
これは前菜
mesi-28.jpg
mesi-29.jpg
この写真頭ぼさぼさ目
耳ピザのマルガリータは
モッツァレッラ、バジル、トマトソース。1780年ごろに創業したナポリのピッツァ職人ラファエレ・エスポジトが、1898年にウンベルト1世とマルゲリータ王妃夫妻を迎えるためにイタリア国旗の赤・白・緑を表現したピッツァを作った と 前回聞いた。Clap

ナポリのカプリ島に移動
kapu1.jpg
ここは大変きれいでした【次回に詳しく】

湾を見渡せるテラスで食事は最高です
mesi-39m.jpg
ボンゴレスパゲティとシーフード
mesi-35.jpg
mesi-36.jpg
mesi-37.jpg
mesi-38.jpg
アサリのパスタも美味しく、揚げたて熱々状態で盛られたエビ、イカとっても美味しかった。顔(ペロッ)

JOLLY VILLA CARPEGNA ホテルの朝食
mesi-41.jpg

飛行機の機内食すべて撮り忘れ

次回は イタリア各都市の観光について詳しく書きます

揺れるハート一緒に行った新婚さん見ていたら Commentに感想書いてね揺れるハート

ホームページもみてください。
つづく


ニックネーム ララのパパ at 18:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月18日

イタリア旅行はララ抜き

ぴかぴか(新しい)イタリア共和国 Repubblica Italiana  【Italian Republic】ぴかぴか(新しい)

2009/8/5-28

黒ハート家族旅行をしました。子供を引き連れ四人でイタリアに行きました。ハートたち(複数ハート)

犬(泣)ララはお父様とお母様にお願いして面倒をみてもらいました。犬(怒)

四葉今回は イタリア 話四葉

Look JTB(2009年 8月5-12日)

飛行機ロシアを通り
ros.jpg
飛行機アルプスを越え
alups.jpg
ついにイタリアに来ました。ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)
4nin-1m.jpg
揺れるハートミラノの郊外で撮影揺れるハート

添乗員がご案内するα日本航空で行くとっておきイタリア満喫8」というツアー

雷8月5日は料金が一番高い日でした雷
なんで8月5日が最悪に高いのか理解ができません。9月の大連休と同じとは...JTBさん なぜパンチ
霧清水の舞台から飛び降りる覚悟で予約しました。霧
病院新型インフルエンザもあるしビクビク状態...
ララ状態ともいいます。たらーっ(汗)

下に日程表を入れました】

日次 スケジュール 食事(M0) 宿泊地
8月5-6日
13:40:成田(JL417便)<飛行機>直行便
空路、日本航空直行便にて、ミラノへ

19:05:ミラノ着
着後、ナウ ホテル マルペンサ UNA HOTEL MALPENSA
via turati 84 20023 erro maggiore lombaardy ,italy
03-315-3111
機内
昼食
機内
夕食
ミラノ
8月6日
08:30:「ミラノ市内観光」
モザイクの鋪道が美しいビットリオ・エマヌエレ2世ガレリアやドゥオモ、スフォルツェスコ城などを訪れます
*ミラノ市内観光について詳しくはご案内とご注意の「ルックJTB市内観光D」をご覧ください
昼食は名物リゾットとミラノ風カツレツをお楽しみください

午後:ミラノ<バス>(約2時間/167km)
≪世界遺産≫「ベローナ観光(徒歩にて)」
水の都ベネチアへ
途中、多くの遺跡が残り、「ロミオとジュリエット」の舞台となった古都ベローナを訪れ、ジュリエットの家(下車)などにご案内します
夕食は魚料理です

<バス>(約1時間30分/124km)
18:30:ベネチア/ホテル着
アントニー【メストレ】 ホテル ANTONYホテル
v.orlanda 182,30030 MESTRE-CAMPALTO (VE),ITALY
041-542-0022
朝食付
昼食付
夕食付
ベネチア
8月7日
07:30:≪世界遺産≫「ベネチア市内観光(徒歩にて)とゴンドラ遊覧」
サンマルコ寺院や総督の住まいであったドゥカーレ宮、サンマルコ広場を徒歩にてご案内します 観光中、ゴンドラ遊覧もお楽しみいただけます
添乗員さんとリアルト橋のテラスでイカスミスパゲティーを食べました。 景色も最高で・美味しかったですよ
午後:ベネチア<バス>(約3時間30分/262km)
18:30:フィレンツェ/ホテル着
ルネサンスの都フィレンツェへ
FIRSTホテル
V.DINO CIOLLI 5,50041,CALENZANO ITALY
055-88-724
朝食付
昼食無
夕食付
フィレンツェ
8月8日
08:00:≪ヨーロッパ100選≫
≪世界遺産≫「ピサの斜塔に登る」
通常は外観のみとなるピサの斜塔ですが、当コースでは実際に登ってその傾き具合を体感してください
細い階段を294段登るとガリレオがリンゴを落として重力の実験を行ったといわれる頂上へでます
360度広がるパノラマをお楽しみください
昼食は名物きのこのパスタをどうぞ
午後:≪世界遺産≫「フィレンツェ市内観光(徒歩にて)」
ルネサンス美術の傑作を集めたウフィッツィ美術館や、花の聖母寺ドゥオモなどを訪れます
*フィレンツェ市内観光について詳しくはご案内とご注意の「ルックJTB市内観光D」をご覧ください
夕食はトスカーナ名物ビステッカ・フィオレンティーナ(フィレンツェ風ステーキ)です
20:30:ホテル着
FIRSTホテル
V.DINO CIOLLI 5,50041,CALENZANO ITALY
055-88-724
朝食付
昼食付
夕食付
フィレンツェ
8月9日
08:00:フィレンツェ<バス>(約2時間/166km)
「オルビエート散策」
永遠の都ローマへ
途中、平野にぽっこりと盛り上がった丘にある城砦都市、オルビエートを散策します
昼食は本場イタリアのピッツァ食べ放題です
午後:≪世界遺産≫「ローマ市内観光」
古代の円形競技場コロッセオ、トレビの泉などローマのみどころをご案内します
途中、スペイン広場にもご案内します
夕食はカンツォーネを聴きながらお楽しみください
18:30:ホテル着
ご宿泊はワンランク上のAグレードホテルに2連泊です
NH JOLLY VILLA CARPEGNA ホテル
V.PIO IV 6,00165,ROMA ,ITALYA
06-39-3731
朝食付
昼食付
夕食付
ローマ
07:30:ローマ<バス>(約3時間30分/229km)ナポリ<船>(約45分)
「カプリ島観光」
ローマ皇帝の別荘地として昔から有名なカプリ島へ向かいます
波の状態が良ければ神秘的な青さが美しい青の洞窟内部へご案内します
(天候等により見学箇所が変わることがあります)
*カプリ島観光について詳しくはご案内とご注意の「ルックJTB市内観光D」をご覧ください
昼食はスパゲティ・ボンゴレをお召し上がりください
<船>(約45分)ナポリ<バス>(約3時間30分/229km)
19:00:ホテル着
NH JOLLY VILLA CARPEGNA ホテル
V.PIO IV 6,00165,ROMA ,ITALYA
06-39-3731
朝食付
昼食付
夕食付
ローマ
07:30:「バチカン美術館・システィーナ礼拝堂とサンピエトロ寺院見学」
創世記を主題にしたミケランジェロの天井画があるバチカン美術館・システィーナ礼拝堂を見学(入場/約1時間30分)します

午後:「自由行動」 ピサ゜をコロッセオで食べました
出発まで自由行動
コロッセオ・フォロロマーノ・パンテオンに入場しました12Eu
21:50:ローマ(JL400便)<飛行機>直行便
空路、日本航空直行便にて(4/27発はヨーロッパ内乗り継ぎ)、成田へ
朝食付
昼食無機内
夕食
機内
朝食
機中
16:55:成田着    

ホームページも訪れてください
つづく 2009/9/7日以降に 記事を書きます
ニックネーム ララのパパ at 20:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月10日

北京のよい思い出

海外旅行は久しぶりにいったのですが、
海外旅行経験は
韓国・シンガポール・オーストラリア・アメリカ・スペイン・フランスへ旅行したことがあります。どの旅も心に残るよい思い出が多いのですが、ハートたち(複数ハート)今回の中国北京がいろいろな点(悪い面)での思い出が多くなっていますバッド(下向き矢印)

そこでよい点について報告します。

まず、同行したパートナームードこれはよかったぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)
ツワーで一緒になった方々は心優しい人ばかりで、いろいろ助けていただきました。Good

pa1-s.jpg

旅の後半は天気も回復し楽しく見学できました。


胡同(フートン)の下町を自転車で移動
futon.jpg
北京の下町を訪れ、中国はこんな感じかなと何となく感じました。目
北京は旅行者の目に止まるところは全てきれいに整備してあり、見せたくないところは被いで隠してある感じなのですが、少しだけ北京の真実を見た気になりました。でも全ての家にクーラーが付いていました。
北京市内のクーラーの普及率は相当なものです。東京都同じではないでしょうか。目耳

北京動物園でパンダを見学
panda.jpg
何頭も飼育されていました。庭のオープンスペースでの見学はここ以外ないでしょう。るんるん

西太后の離宮『世界遺産』頤和園
kairou.jpg
庭の美しさと、この720mの回廊にはびっくりします。中国はスケールの大きなものを作ります。

周口店北京猿人遺趾博
genjin.jpg
北京原人が発掘されたことで有名な【世界遺産】あまり、ぱっとないのですがジャワ原人・ネアンデルタール人・クロマニョン人・北京原人
と原人ではあまりにも有名、でも...

天壇公園
inori.jpg
皇帝が五穀豊穣を祈った 【世界遺産】、ここも凄い混雑です。中国人は並ぶことをしないので(トイレでも並びません。後から入ってきて日本人が並んでいるところをかき分けトイレに入ってしまいますBad) ガイドが
行程の礼拝した場所は待っていても、乗ることができないので、混でいても怯まず乗るようにといわれました。?その気になって人をかき分け祈祷台に乗ったのですが、これの罰が腹痛なのでしょうか?バッド(下向き矢印)


その後、骨董品店が並ぶ琉璃廠(ルリチャン)へ向かいました。




ニックネーム ララのパパ at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月09日

北京旅行の食事

ルックJTBの北京4泊5日の旅行には全行程食事付きでした

出された食事を紹介します

初日昼食
機内食 「鰻丼」
1-2.jpg

初日夕食 「北京料理」
1-3.jpg

2日目朝食 「早茶の朝食」
2-1.jpg

2日目昼食 「ジャージャー麺と点心」
2-2.jpg

2日目夕食 「本場の北京ダック」
2-3-1.jpg

2-3-2.jpg

3日目朝食 バイキング 写真なし

3日目昼食 「下町・胡同(フートン)中華」
3-2.jpg

3日目夕食 「四川料理」
3-3.jpg

4日目朝食 「朝食バイキング」
4-1.jpg

4日目昼食 「東華門美食坊夜市 水餃子」
4-2.jpg

4日目夕食 「火鍋」
4-3.jpg

中華料理好きなら大変満足だと思うのですが、さすがに毎日中華料理は胃に負担になりました。味付けは日本人の口には大変馴染み美味しく頂くことができたのですが、私の場合4日目の昼食を食べてから、4時間後急に差込が走り、凄い腹痛に見舞われました。その後何十年ぶりかの
嘔吐になり大変な目に遭いました。私だけだったので、原因はわかりませんが、バッド(下向き矢印)
中国での中華料理の食べ過ぎは要注意です。ふらふら

最終日の夜だったので観光はすべて終了していたので心残りはないのですが、
無事に日本にたどり着けるか心配になりましたー(長音記号1)

帰りの飛行機の中でも腹痛は治まらず、検疫で相談し中部国際空港内にある診療所で点滴を受けてようやく元気になりました。注射


雪・霧・腹痛と大変心に残る旅行となりました。失恋

ニックネーム ララのパパ at 21:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月07日

霧の天安門広場・『世界遺産』故宮

28日は北京に滅多に降らないという雪で雪
『世界遺産』の万里の長城では散々な目に遭いました。
翌日29日は 雨が上がったのですが、北京は霧状態でした霧
視界は100メートル前後で広い天安門では霧で前が霞みました。小雨
天安門.jpg
また、土曜日ということもあり、故宮は途中から人で溢れて
押すな押すなの混雑でした顔(泣)
尚かつ、故宮本殿は改修中で拝観できませんでした。
オリンピックに向け6月まで工事だそうです。顔(汗)
離宮.jpg

北京の渋滞事情

主要道路は12車線、とかなり広いのに車車のラッシュでした
ものすごい数の車です。多くでワーゲン車
今までのイメージでは北京の天安門広場は朝になると自転車で
いっぱいということでしたが、

今では自転車は少なく

溢れるばかりの車です。中国の高度成長期を物語っています。
ラッシュ.jpg
北京市内に入ってから毎日このラッシュに遭遇し、ノロノロ運転で
予定時間を2時間オーバーしていました。どんっ(衝撃)
東京以上に車がある感じです。



驚いたこと トイレ事情

観光地のトイレは大変きれいに整備されています。しかし、金隠しの無い和式なのですが、驚いたことに、水洗トイレの水量と下水口の穴が小さく、紙は流せません。バッド(下向き矢印)便器の隣に籠が置いてあり、使用済みの紙をこの中に入れるのです。これには驚きました。北京市内どこでもこの様式です。紙が水に溶けない使用とかで間違って流すとトイレに詰まるとのことでした。フン
なので、トイレは臭いのです。

ニックネーム ララのパパ at 20:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月05日

ララの本当のご主人様帰郷(それに乗じて北京旅行)

我が家は2人の子供がいますが、今はで両方共に東京の大学に通っています。ララをインターネットで購入した弟が春休みで戻ってきました。そこで、ララの世話を息子に任せ、北京へ旅行しました。

今回は 北京旅行の 話

実は散散な目に合った旅でした

DSC01566.jpg
下に記事があります スクロールして下さい


北京 ルックJTB日程 現地の日程 プラスされたもの

3月27日

中部国際11:20発
北京17:30着
着後、送迎バスにて京倫飯店(日航ホテル)ホテルへ16:00着 空港で迎え

オプション 中国雑伎団

7時30から9時終了

3月28日

07:00:北京市内・郊外観光
朝の公園を訪れ太極拳やダンスを楽しむ人々の様子をご覧いただきます 飛び入り参加もOKです!
地元で人気の早茶の朝食をお召し上がりください
『世界遺産』八達嶺(はったつれい)万里の長城、『世界遺産』明の十三陵の定陵を訪れます

昼食はジャージャー麺と点心をお召し上がりください
夜:夕食は本場の北京ダックをお召し上がりください
20:00:ホテル着

七宝焼きの工場見学と七宝焼き売店

中国茶の飲み方実演と売店

3月29日 08:30:北京市内観光
世界最大の天安門広場、明王朝と清王朝の王宮『世界遺産』故宮(こきゅう)を訪れます
昼食は四川料理をお召し上がりください
三輪車に乗って、北京の下町・胡同(フートン)めぐりをお楽しみください その後、後海散策とパンダに会える北京動物園、西太后の離宮『世界遺産』頤和園へご案内します
夕食後、屋台でにぎわう東華門美食坊夜市の散策をお楽しみください

21:00:ホテル着
国営の骨董店(故宮内)と書画売店
絹工場の見学と売店(絹布団、織物)
3月30日

09:00頃〜 北京郊外・市内観光♪

北京原人が発掘されたことで有名な【世界遺産】 周口店北京猿人遺趾博物館と、皇帝が五穀豊穣を祈った 【世界遺産】 天壇公園を訪れます
その後、骨董品店が並ぶ琉璃廠(ルリチャン)へご案内します

夕食は火鍋をお召し上がりください♪

19:30頃 ホテル着

民家に案内され切り絵の売店

骨董品店では壺の斡旋

3月31日

送迎バスにて空港へ
午前 北京発(飛行機)セントレアへ
午後 中部国際着

中部国際診療所
診察点滴を受ける



3月27日朝7時家路を後にして、中部国際空港にバスで向かいました。
バス10時到着、無事に手続きをして、
昼飯サンドイッチとおにぎり(800円)を食べ喫茶店
最初の目的、免税店でダンヒルの財布をゲット、ここまで順調
1時30分飛行機は無事に離陸、直後ランチ登場そんなのありかいねん!顔(え〜ん)

5時半無事に北京に到着、北京空港は現在東洋一の大きさに拡張工事が済んだばかりで、貰っていった到着ロビーの案内が間違っている
3日前から変更になったとのこと、空港内で行き成り、モノレールに乗って空港内を移動するそんな事分かりません。まず最初から迷い子顔(泣)どこに行くのパンチ散散迷って、空港から脱出、現地添乗員に会えました。
一安心です。顔(笑) 

所が、添乗員が、間髪を入れず、本日の夜は時間が可なり空いているので京劇か雑伎の鑑賞はどうかと持ちかけられました。Bad
何も考えてなく、また10時間乗り物から解放されホッとする間もなくの決断で真っ青顔(なに〜)
結局 雑伎団を見ることにしました
6時から北京料理の夕食(ちょっと油でギトギト)
その後、劇場に向かいました。
これは大変出来が良くスリル満点で申し分なかったのですが、グッド(上向き矢印)
劇.jpg
北京の町は自動車で溢れていて片側6車線計12車線の道もラッシュで殆ど車が進みません。ホテルに着いたのは10時近くでした。
疲れたパンチ眠い(睡眠)

翌日5時50分起床 早すぎるたらーっ(汗)
外に出ると雨がぱらぱら小雨真っ青顔(なに〜)
今日は万里の長城を見に行くのにバッド(下向き矢印)

朝ホテルでメンバー紹介、我々2人(中部国際)と広島の祖父母と孫ご一行4名(福岡空港)、ばあちゃんと小学三年生の2名(成田空港)、結婚5周年記念の2名(成田空港)の10名の旅になりました。

明の十三陵の定陵に到着ここでも雨雨
七宝焼きを見せられながら昼ご飯、
七宝焼は高くて買えませんとっても中国とは思えない定価(日本人向け)
点心は大変美味しく顔(ペロッ)ジャージャー麺は不味くて食べられませんでした顔(え〜ん)
桃の花が咲く高速道路を一路八達嶺に向けて出発、可なり寒くなってきました。

途中からなんと雪になりました。フザケルな

車はスリップしてフラフラおっかねーーーー顔(なに〜)顔(なに〜)顔(なに〜)
そして目的地、万里の頂上に着いたら猛吹雪バッド(下向き矢印)右斜め下たらーっ(汗)雪雷顔(なに〜)
DSC01547.jpg
DSC01538.jpg


ここから見える万里の頂上は晴れていれば20Km先まで続いているとのこと、この雪で視界は10mです
しかも可なりの傾斜で100mほど上って歩いたら降りるのに滑って大変バッド(下向き矢印)
松本で雪に慣れているものの死ぬ思い出降りてきましたバッド(下向き矢印)バッド(下向き矢印)バッド(下向き矢印)
ララなら大喜びだと思いますが....顔(なに〜)
右斜め下たらーっ(汗)顔(泣)雨雪
本当はこうなる予定だったのに

続きは明日以降に書きます




ニックネーム ララのパパ at 22:36| Comment(2) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする